トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:フェス/ライブ( 80 )
EPISODE 6 : COLDPLAY @ CRYSTAL PALACE NATIONAL SPORTS CENTRE 1日目
朝は8時までにテントを撤収し、集合することになっていた。
私は荷物が多いので、帰りもテントメイツにテントを運んでいただき、結局テント運びのお手伝いはできず。ごめんなさい。

入り口ゲート近くのところで、「Q」マガジンのグラスト特別編集版「Q Glastonbury Review」を販売してたので、購入。
昨日のトリ、ベースメント・ジャックスの写真も載っている。印刷所フル回転だな、こりゃ。

結局9時半出発。復路ではバースの街を通る。温泉の語源にもなった土地。とても古い造りの街で、きれいだった。日本でいう軽井沢のようなもので、有名人の別荘もあったりするらしい。でも通っただけ。

ホテルに着いたのが2時半。私は、今日のイベント、コールドプレイのライブがあるので、早速シャワーを浴び、この3日間(それ以上か)のヨゴレを思う存分落とし、きれいさっぱりしたところで、バタバタと出かける。

私、全然事前にチェックしてなかったんだけど、会場のクリスタル・パレスって、実はちょっと離れたところにあるらしい。
しかも、開場は16時。前座が2組あるが、私はチケットを現地受け取りにしているので、ボックス・オフィスが閉まらないか、それだけが心配で、急ぎ足。

翌日の2日目も行くし、疲れてるし、こんなに急ぐのなら、チケット取らなければよかったと後悔。でもこのイギリス旅行、最初にアクションを起こしたのは、この日のライブのチケットの申し込みだったので(その前にグラストのチケット確保しとけよという話ですが、発売はグラストチケより先だったので)、このライブのチケットを取ることで勢いをつけなければ、このイギリス旅行もなかったかも知れない。

はじめてひとりで地下鉄に乗ってみる。ホテルのお姉さんに「アールズコートで乗り換えて、ヴィクトリアでまた乗り換える」と聞いたので、仰せの通り、アールズコートまで行くが、どうやらそこで間違った電車に乗り換えたようで、一駅戻る。もう、急いでるのに! 時間はすでに16時半。しかも、地下鉄の乗り方がわかった今、ホテルのお姉さんは一本でいけるサークルライン(山手線みたいな)があるのになんで教えてくれなかったのか、疑問。乗り換えた私の手間って一体……。

会場は駅からすぐで、駅ではダフ屋のおっちゃんが「チケットあるよ」って声をかけてくる。万国共通の光景。
ボックス・オフィスでは、すぐチケットを受け取ることができた。やっと入場したのが5時45分。最初のサポートアクト、モーニング・ランナーが始まるのが6時なので、なんとか間に合った。よかった。
クリスタル・パレスっていうくらいだから、ゴシック調だかなんだかの荘厳なつくりの内装が施された会場――と勝手に思ってたけど、全く違った。
そこは、ラグビー場。もちろん屋外。
会場が見渡せる小高い丘があって、そこで寝転びながらまったりと観てる人もたくさんいた。おいおい、タダ見かよ! 
ステージの脇には、スクリーンが。てか、このステージ、グラストのOther Stageくらいの大きさなのですが……。
私ってば、もしかして、屋外ライブ5日連続参加? この後行くマンチェスターのオアシスもサッカー場だし、ライブエイトも公園だし、私って今回屋外ライブばっかり。
クリスタル・パレスが屋内だと思いこんでいたので、そんなつもりではなかったのだが。

モーニング・ランナーが始まった。最初は人波にまみれていたのだが、さすがに昨日までのグラスト・テント生活と今日の移動などで疲れがたまっており(当たり前だのクラッカー)、私はシート席のほうに移動。グランドとシート席入り口の階段を背に、座って体を楽にし、見学。体調が優れないこともあって、あまり聞き入ることができず、ちょっと退屈。可もなく、不可もなくといった感じのバンドだった。ドラムのお兄ちゃんが素朴な感じでかわいかった。

モーニング・ランナーが終わると、スーパーグラス。これは盛り上がるだろうと期待してたけど、私が端で観てたからか、あまり周囲の熱気を感じることはできなかった。スクリーンでは、前方の中央は盛り上がっていたようだが。
私の居た場所にも問題があったと思う。人の出入りが激しかったので、集中できなかった。
私の座ってたところのシートが、やたら人が少ないと思っていたら、どうやら招待席だったらしく、何もわからず通り抜けようとする人々にセキュリティの兄ちゃんが「パスあるか?」と尋ねる、そのやりとりがなんか面白くて(いや、心のなかで「ざまーみろ」って思うだけだけど)、スーパーグラスはあんまり聞いていなかった。ごめんなさい。
スーパーグラスが終わっても、まだ人が入ってくる。モーニング・ランナー演奏中から、シート席に入ってくる客の波は途切れない。みんな、サポートアクトも観ようよ……(いや、私もちゃんと観てなかったです。ごめんなさい)。

端もだんだん人が多くなってきて、座っていては見えなくなってしまったので、しぶしぶ立ち、視界が確保できる場所まで前進。
急に周りがざわざわしだした。シート席を見ている。
おっちゃんが、誰かとハグしている。ん?
ん?? ん??? ん???? 
あのおっちゃん、もしかして、もしかして……

サー??(っていっても福原愛ちゃんじゃないよ)

サー・ポール・マッカートニーではないか!
すごい、あのポールですよ? ビートルズですよ? 生ですよ?
そんなポールが、只今、私の半径10m以内に! 
ポールのおかげで、疲れは吹っ飛んでしまった。来てよかったよ。

時計を持っていなかったので正確な時間はわからないが、どうやらちゃんと時間通りに進行しているようで、モーニング・ランナーが6時から6時半、スーパーグラスが7時から8時だったようだ。お待ちかねのコールドプレイは9時ちょうど(たぶん)に登場。

大変申し上げにくいんですが、グラストで観てるから、そこまでの感動はなかったです。
セットリストもほぼ一緒、ステージのセットや衣装も、種も仕掛けも一緒だったので。
ただ、今回は、ステージ全体を見渡したり、観客の動きなどを観察できたので、そういう意味では面白かった。
また、グラストでやらなかった「What If」をやってくれたのも、大きな収穫だった。この日も、「What If」のメロディーとともにクリスのアフリカ視察映像が流れてたので。
ちなみに、「Politik」の歌詞を、今回は「Give me Crystal Palace! いい反応をするオーディエンスが欲しい」みたいなふうに変えてたと思う。歌詞を変えるのが最近の定番っぽい。

で、ポールが来てたのを意識してか、「It's Christmas time~」と、「Do They Know It's Christmas?」の冒頭を2~3回歌ってた。
ちなみに、「In My Place」の時、ポールも観客と一緒にスタンディングで拍手しているのを目撃。

帰りが、大変だった。
そう、電車。並ぶ並ぶ。30分くらい待った。でもまだいい方だと思う。
行きとは逆に、またヴィクトリアで乗り換え、アールズコートで乗り換える。
アールズコートでは、今度こそプラットフォーム間違えないように係員さんに聞いたら、「あんた、最終電車逃しちゃったね」といわれる。うそーん。
しかし、結局違う路線で乗り換えて、無事ホテルまでたどり着くことができた。よかった。
ちなみに、アールズコートについたのは12時だったが、翌日、もっと遅い時間で遠回りせず帰れた。何で?
私の理解が悪いのか、イギリス人に嘘を教えられているのか……。

SET LIST
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-27 00:00 | フェス/ライブ
アルバム グラストンベリー3日目
c0042728_22524132.jpg長靴の泥がパリパリに! 泥パック一丁あがり。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-26 00:01 | フェス/ライブ
EPISODE 5 : GLASTONBURY FESTIVAL 3日目
3日目は天気も回復し、地面もほぼ固まっていた。前日歩き回ったOther Stageはまだ池だったが。
私の長靴の泥も、パリパリに。

最終日くらい誰かと回りたい気分だったので、友達2人と出かける。
まずはサーティーン・センシズを観にいったのだが、泥土のなかにあるOther Stage隣のTシャツ屋に行くのに時間がかかり、あんまり聴けず。
ステージセッティングになり、おなかが空いたので、食料を求めてうろつく。日曜なので新聞が欲しかったし。

続きを読んじゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-26 00:00 | フェス/ライブ
アルバム グラストンベリー2日目
c0042728_215313.jpgワラ投入中。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-25 00:01 | フェス/ライブ
EPISODE 4 : GLASTONBURY FESTIVAL 2日目
気になる天気は曇り。ちょっと肌寒い。
案の定地面も乾いておらず、それどころか皆がほどよい具合に歩き回っているため、前日よりぬかるみがひどくなっている。

どれくらいぬかるむのかって、それは長靴にタバコの吸殻がつくくらい。
途中、ぬかるんでいる場所にワラを投入しているところを目撃。さすが牧場。
しかし、それはそれで、中途半端にワラを足したところは余計にぬかるんでいる気がするのだが……。

続きを読んじゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-25 00:00 | フェス/ライブ
アルバム グラストンベリー1日目
c0042728_2038725.jpg木の上にピラミッドステージの頭が。と、遠いべ……。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-24 00:01 | フェス/ライブ
EPISODE 3 : GLASTONBURY FESTIVAL 1日目
夜中、何度か起きた。興奮で寝付けないのか1時間ごとに目が覚めた。
最初は隣のテントの人の話し声に起こされた。
しかし、最後のほうは違った。
ものすごい雨の音だったり、雷の音だったり。
まあ、朝にはやむだろうと思っていた。

……甘かった。朝になってもやむ気配はない。
それどころか、近くで雷が落ちているようで、音が近い。あー、こわいこわい。
この雨が、今回のグラストンベリー・フェスティバルのすべてだった。

続きを読んじゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-24 00:00 | フェス/ライブ
EPISODE 2 : いざグラストンベリーへ!
c0042728_184116.jpg寝たのは2時ごろだったと思うのだが、興奮しているのか外が明るいからなのか、6時には目が覚めてしまった。
機内では、30分くらいしか寝れなかったので、ちょっと寝不足気味。

続きを読んじゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-23 00:00 | フェス/ライブ
EPISODE 1 : いざロンドンへ!
1泊滞在した成田駅近くのホテルから、無料シャトルバスで成田空港に移動。
予定では8:45につくはずだったのだが、朝の渋滞ラッシュなのか、混んでいて、予定を30分もオーバー。
ツアーの待ち合わせ時間は9時、しょっぱなから遅れてしまった。しかし、まだ到着していない人は数名いたようだ。

続きを読んじゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-22 00:00 | フェス/ライブ
ライブエイト、東京でも開催
日本でも、ライブエイト開催されることが正式に決まったようです。日本もG8の一員なのでね。はい。
ボブ・ゲルドフ、『ライブ8』日本開催をTOKYO FMで発表!

出演アーティスト、会場、チケット販売方法などは未発表。
というか、あと2週間。いきなり開催決まっても、無理じゃないの?
これから、その日にヒマなビッグ・アーティストを募って、大きな会場を確保し、混乱の起こらないよう相当数のチケットを裁かないといけない。しかも、恐らく無料で。
出演アーティストは、まあ、日本人のみだろうなあ。

ちなみに、ロンドン公演の(それ以外の国のも?)Live 8は、なんと、フジテレビ721で生放送される! やったー! スカパー入っててよかった。
録画係の父に頼んではみたけど、不安。
あ、ネットでも中継される予定なので(AOL Music)、おるすばんのアナタは、テレビまたはネット前で参戦しましょう。

私のロンドン公演のチケットですが……。もちろん、何のあてもありません。
ああ、目と鼻の先までいって、観られなかったらつらい。
いろいろがんばってみるけどね、うん。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-20 01:16 | フェス/ライブ


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧