トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:フェス/ライブ( 80 )
アルバム ライブエイト編 その2
c0042728_13334164.jpgマドンナと、20年前に開催されたライブエイドの援助で命を救われたという少女。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-07-02 00:02 | フェス/ライブ
アルバム ライブエイト編 その1
c0042728_12115833.jpgいよいよはじまります。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-07-02 00:01 | フェス/ライブ
アルバム マンUとテニスでスポーツデー編
c0042728_1016859.jpgスタジアム。一部補修中。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-07-01 00:01 | フェス/ライブ
EPISODE 10 : MANCHESTER UNITED と WIMBLEDON
マンチェ2日目。
飛行機のフライトが夕方なので、それまで観光。

ホテルの朝食を食べそびれない程度にゆっくり起き(ホテルの朝食は、卵やベーコン、ソーセージ、マッシュルームなどもあって豪華だった。さすが4つ星ホテル。ボロいけど)、とりあえず、マンチェスター・ユナイテッドのホームグラウンドに向かったということは、ギャラガー兄弟には内緒にしておいて下さい。

続きを読んじゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-07-01 00:00 | フェス/ライブ
アルバム オアシスライブ編
c0042728_919212.jpgスタンズをノエル見学中。ってグラサンはずそうよ。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-30 00:01 | フェス/ライブ
EPISODE 9 : OASIS @ CITY OF MANCHESTER STADIUM
マンチェスター移動日。ホテルをチェックアウト。
前日に、マンチェから帰る日に泊まるホテルに、旅行中荷物を預けられるかと聞いたら大丈夫とのことだったので、朝イチでトランクとバックパックを預け(これまた徒歩5分のところだったので)、身軽になったところで新聞を買い、ホテルの朝食。もう食べそびれないぞ。質素な朝食だったけど。
クロワッサンと食パンにバター・ジャム、シリアルに牛乳、でオレンジジュースとコーヒー、紅茶くらいしかなかった。

この日のイベントは、オアシスライブ!
ライブは5時開場。10時頃ホテルをチェックアウトし、さっさと前日に下見したユーストン駅に向かう。
ヴァージン・トレインは新しい電車でとてもきれいだった。トイレのドアは手動でなくボタンで開閉する。
全席いちおう指定席なのか、席の上をよくみたら、ご丁寧に「ずっと空席」「○○駅までは空席」と書いてあるので、「ずっと空席」に着席。
昼は、車内の売り子さんからサンドウィッチを買う。もうサンドウィッチは飽き飽きだ!
でも選択肢がない……。
同じ車内に、オアシス Tシャツを着た若者を発見。あの4人組も、絶対行き先は一緒。偶然にもこの日に着ちゃってただけかも知れないが。

2時間半ほどで、マンチェスターに到着。思ったほどは大きくない街だった。
ピカデリー駅で年配の駅員さんに、会場であるシティ・スタジアムの場所と、ホテルのあるストリートを聞く。が、見事なマンチェ訛りに思わず噴出しそうになる。2時間半で、みんなノエルやリアムみたいな話し方しちゃうのね。あ、東京と大阪だって全然違うか。

ホテルはここらでは結構でかいところだった。ツアー会社に手配を頼んだのだが、「マンチェはもともと宿泊施設が少ない上にオアシスのライブでホテルが埋まってて、難しい」って言われてて、何とか取れたその部屋はツインだった。4つ星ホテルだったので、ちょっと楽しみにしてたんだけど、外装も内装も、”よく言えば”年代を感じさせるものだった。バスタブはあったし、コンシアージュもいたんだけど。
ホテルのエレベーターで、「シティ・スタジアムの行き方知ってるか?」と話しかけてきた野郎4人組もおり、オアシスの凱旋コンサートはマンチェ本日の一大イベントのようだ。

ここでも、またもや2時のチェックインを待つ羽目に。実際、ホテルに着いたのが10分前くらいだったのでちょうどいい時間だったんだけど、列ができるので待たないといけない。
部屋に入って、支度を済ませ出発。コンシアージュによると、徒歩20分ってことだったのだが、あまり体力を消耗したくないので、バスで行くことに。
まだ2時半だったが、バスは満席だった。

なぜ5時会場の公演にそんなに早く行くかって、またもチケットをボックス・オフィス受け取りにしているから。なんか心配でね。

会場に着いたのは3時。コールドプレイの時にはほとんど並ばなかったので、それくらいのつもりでいたんだけど(しかも、開場より2時間も早いし)、すでに長い列ができていた。しぶしぶ並ぶ。待つこと1時間、ようやくゲット。ノエルの写真入りで、ちょっと感激。顔がギターで隠れてるけど。

もちろんGeneral Admissionのチケットなので、さっさと指定の入り口で並ぶ。でも、私の前にもうすでに100人くらいいたと思う。

またも天気が怪しく(私ったら雨女なもんで)、雨やらトイレやら食べ物やら水やらの心配をしてたら、極度に緊張したのか、かなり頻繁にトイレに足を運ぶ羽目に。実際、開場が遅れたため待ったのは1時間半だったと思うが、その間、3回もトイレに行った。グラストでは1日3回だったのに。
しかも、そのトイレが汚い。
コールドプレイの時は、2日目に1回行っただけで、しかも早い時間だったので問題ではなかったのだが、今回は人も多いし、かなり汚くて困った。男性は、便座あげないし……。
ここで、グラストで身につけた「How to 空気イス」が役に立った。人生何事も経験。

私がトイレの心配ばかりしている間に、開場待ちの列がY字型になってる。ありえない。みんな「待ってました!」とばかりに、どんどん新しく分岐した列に並ぶ。
「あのねえ、この「B」の列の最後は、私のずうーーーーーーーっと後ろで、私たちは1時間も前から待ってるの。なんで今来たばかりのお前の隣なんだよ!」と何百人もの人に言えないので、こっそり心の中で叫んだ。
もう、こんなルールを守れないイギリス人いや。私はやっぱり日本人。

しかし開場しても、比較的みんなゆっくり。私はまた走って、セキュリティに怒られる。
怒られた甲斐あって、最前列をゲット! かなりステージの右よりだけど。
うーん、これではちょっと兄ちゃん、死角になりがちだなあ。でも、いちおう安全な「最前列」で見れるなら、いいか。

ふと気づいたのだが、そこは巨大スピーカーの真ん前でもあった。うわ、やばいなあ。気分が悪くならなければいいけど。

そんな私の心配は的中し、最初のアクトのザ・スタンズから、ものすごい大音量で、低音響きまくり。や、やばい。
彼らには悪いが、演奏を聞くどころではなくなってきた。まだ始まったばかりなのに、すでに気分悪そうにセキュリティに運ばれている人が数名いた。
ふとステージ袖をみると、ノエル兄さんが、ビール片手にご見学されていらっしゃった。ゲムもいた。みんなに「ノーエル!ノーエル!」とコールされて(めっちゃ曲間なんだけど……)、手を振ってた。

次のステージまでには、音響さんが音がでかすぎることに気づいて、もう少し状況が改善されるかなとちょっと期待したんだけど、そんな淡い期待は見事に裏切られ、2番目のサポート・アクト、スーパー・ファーリー・アニマルズも、最悪の状況下で聞くことに。いや、私が移動すればいいんですけど。
ボーカルがヘルメット着用で登場。ものすごく低音効いてる曲が多数あって、本気で気分が悪くなってきて、「あと1曲聴いて、それでも辛かったら……」と心の中で繰り返し。
そんな私の心の格闘をよそに、ボーカル、「これが最後の歌です」って宣言して3曲ほど演奏し、その後も2度ほど最後の曲宣言があり、いい加減ぶち切れそうだった(いや、だから、私が移動すればいいんですけど。決して彼らは悪くないんですけど)。でも約束を守れない人は嫌いだ。
なんとか無事終了まで持ちこたえることができた。

スーパー・ファーリー・アニマルズの残していった音の余韻(3分ほどあった)が終了し、ローディさんが出てくると会場には、「オゥエィシス! オゥエィシス!」とコールがこだまする。それも、ただ連呼系と、サッカー応援風に「オゥエィシス!(手拍子3つ) オゥエィシス!(手拍子3つ)」と、2パターンほどあった。
突然、「Make Poverty History」キャンペーンのビデオ(指パッチン)が流れる。ボノやら、ゲルドフがスクリーンに3秒間映し出されるとみんなすごいブーイング。一方、グウェンちゃんが映ると、「おおーっ!」と、非常にわかりやすいリアクション。最後にノエルが指パッチンすると、みんな「いえーーーっ!」と盛り上がる。こいつら……。
そう、何か知らんが、男性客が圧倒的に多い。8割方男性で占められていて、女性もカップルで来ました、って感じの子ばっかり。私のように、ひとりで来た子とか、女友達同士ってのは、ごく少数派だと思われ。カップル率・女性率の高いコールドプレイとは大違い。
しかも、みんな「ビールと、タバコと、サッカーと、オアシス」のことしか脳みそに入ってないような連中ばかりだった。少し年配の人も、オズボーン夫妻のような出で立ち。コールドプレイの時のような、スーツを着た会社帰りの重役夫婦みたいなカップルはいない。
野郎くさいよー。助けてー。

会場は、ギャラガー兄弟が大ファンであるマンチェスター・シティ・フットボール・クラブのホームグラウンドで、3階くらいまであった。コンサート仕様となると、6万人を収容できる巨大スタジアムだった。誰が見つけたのか、その3階の通路にリアムが現れると「リーアム! リーアム!」とまたコールが始まる。この人たち、叫びたいだけなのか?
会場内に、マンチェスター・シティの応援歌が流れ、会場のボルテージは上がっていった。
お決まりの登場曲、「Fuckin' in the bushes」が流れると、そこは一気に戦場と化した。

オアシスを地元、マンチェで見れるなんて! しかもこれが地元で3年ぶりの凱旋ライブ、その初日。
やっと、奴らが、あの兄弟が帰ってきた! スピーカーのことより、後ろからの怒涛の波状攻撃のほうがきついが、そんなことはもうどうでもよくなってた。
みんな一斉に、まるで殿様がおいでになったかのように「ははーっ」と平伏すポーズをはじめる。そんなにこの街では、この兄弟があがめられているのか?
あ、やっぱり兄ちゃん死角……。でも、きっとノエルコーナーで前に出てきてくれる。

オアシスと我々観客とのサッカー並みのアツい試合は「Turn up the sun」でキックオフ。それから、最新ヒットシングル「Lyla」になると、セキュリティにレッドカードを出され、退場させられる兄ちゃん続出。みんなステージにアピールして去っていく。また戻ってきて、連れ出されるんだけど。
もうまわりは、歌えや叫べ、やんややんやの大喝采。しかし、スピーカーの前なので、リアムの声がかき消されることはなかった。

兄ちゃんのユニフォームは相変わらずポロシャツ。ちょっとミスター・ビーン似の、どこにでもいるフツーのワーキングクラスの兄ちゃん。そこがまた、マンチェのワーキングクラス階級の若者に受けるのだろう。
一方、リアムのユニフォームは、ピンストライプのスーツで、マフィア臭を漂わせている。
タンバリンを器用に頭の上に乗せたり、くわえたりして、無言で観客をあおっている。
そんなリアムさんの第一声。

「ファッキンマンチェスター!!!!」

やっぱりわけわからん。こいつ……

試合開始30分、お待ちかね、ノエルコーナー。やっとノエルが見れる! と思ってたのに、持ち場で歌ってる。
出てこい、ノエル。お前のコーナーくらい、フロントで歌ってくれ。それじゃ、コーナーでひとりで華麗なリフティングしているようなもの。
こっちからは、見えないんじゃー!! (←私が移動しようよ)
リンゴ・スターの息子、ザックなんて、本当にスクリーンを通してのみ。安定したゴールキーパーといったところ。
ノエルは、気分が乗っているのか、たまーーーーに前に出てきてくれたりしてたけど、ボランチとしての役割に徹底していた。
アンディとゲムは、特に目立つ様子もなく、堅実なディフェンスとして黙々と任務を遂行しているという感じだった。
やっぱりこのバンドは、ギャラガー兄弟のバンドだよなあ。もちろん、リアムワントップの。特に、彼らの地元ってこともあって、ますますディフェンス陣端役だよ。

途中、後ろからなにか水のようなものが撒かれた。
ん? なんだか温かい。なんで? え、まさか……
と、どんどん嫌な気分になる私の横で、姉ちゃんが隣の連れに

「これって、おしっこよね?」

言うなーーーーーーー。それを言わないで欲しかった。
もう、このマンチェの野郎どもは……。言葉も出てこないくらいあきれた。切れる気にもならない。
姉ちゃんはそういう「ライブならではのハプニング」を楽しんでいるようだった。こういうものなの?
周囲の熱気で、汗だか何だかわからないくらい服も汚れつつあったので、もうどうでもよくなってきていた。

主に新しいアルバムからの曲をメインに、新旧織り交ぜて披露。クラッシック・ナンバーのイントロが流れると、歓声があがる。そして合唱。客暴れる。セキュリティに出される。その繰り返し。セキュリティ、ほんとに忙しそう……

前半中盤、「Acquiesce」! キター!! 兄弟参加型ソング@マンチェスター。
交互に歌うこの曲を選曲したってことは、もう仲直りしてるのよね? 喧嘩とかしないでくれ。頼む。リアム、いい子だから、そのままステイしてくれ。
後半戦は、懐メロメドレー。観客の、一言一句逃さず歌ってやるというよう熱気がよそ者の私にも伝わってきた。私も負けずに歌う。
かくして、私たちはオアシスと戦った。
試合は、「Rock 'n' Roll Star」でハーフタイムに。

そんな1時間半に渡る激闘は、こちらもお決まりのザ・フーのカバー、「My Generation」でゲームセット。
本家より、リアムのボーカルほうが聴き慣れつつあるよ……。
リアムの声がしっくりマッチしていて、特に、ためるところなんて最高だ。

しかし、思ったよりはMCが少なかったような。
結構淡々と演奏していた気がする。6万人の大観衆を目の前に、さすがにビビったのかな? いつものことなのかも知れないが。

彼らがステージから去ると、6万人が一気に退場。最前列の私は、なかなか進まない。まわりの兄ちゃん、みんな汗臭くて、ちょっと失神しそうになる。
やっと外にでて、物販に行ってみるが、すでにClosed。ああ、残念。先に買っておけばよかった。

ホテルまで、徒歩圏内というコンシアージュの言葉を信じ、歩いてみる。道中、またもやあちこちで立っションを目撃。イギリス人、どうにかならんのかね。せめてオリンピックまでにはしつけを徹底して欲しい。

途中にある営業中のケバブ屋やピザ屋は、どこも人でごった返していた。おなかは空いていたが、並ぶのが面倒なので、わざわざ持ってきたはるさめスープを食することに。
ちなみに、ホテルに帰りつく頃、会場出てから聴き始めた「(What's The Story) Morning Glory?」がちょうど終わった。ってことは、40~50分かかったわけで。コンシアージュの嘘つき!

早速はるさめスープを探すが、ない!
どうやらロンドンに預けてきた荷物に入れてるらしい。がっくり。
もう外にでるのも面倒なので、持ってきたおつまみで、おなかをごまかして就寝。

SET LIST
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-30 00:00 | フェス/ライブ
1日のアルバム
c0042728_8445449.jpg駅にも、あちこちにポスターが。「超混むから交通機関に気をつけてよね」っていう警告ですが。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-29 00:01 | フェス/ライブ
EPISODE 8 : LIVE 8チケットを求めて
この日は、予定がなく、何もしない日だった。
この日に何するかいろいろと考えてたんだけど。

候補1. Wireless Festival
候補2. ウィンブルドンでテニス観戦
候補3. ミュージカルの本場でマチネ
候補4. ロンドン市内観光ツアーに参加
候補5. 大英博物館やらバッキンガム宮殿やらを見学してイギリスを感じる
候補6. スターウォーズを日本公開より先に見る
候補7. カジノ、パブ、クラブに行ってみる

さすがイギリス、結構たくさんやりたいことあった……。結局、それらはひとつもできなかったんだけど。

続きを読んじゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-29 00:00 | フェス/ライブ
アルバム コールドプレイライブ編
c0042728_2513569.jpg1日目。こんなとこでした。

続きを見ちゃう。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-28 00:01 | フェス/ライブ
EPISODE 7 : COLDPLAY @ CRYSTAL PALACE NATIONAL SPORTS CENTRE 2日目
ツアーのみなさんとはこの日でお別れ。私含め、居残り組はここから別行動。ホテルもそれぞれ。
疲れがまだ残ってるし、さっさと移動して落ち着きたかったので、11時頃次のホテルまで5分の徒歩移動。
しかし、どうやらチェックインは2時らしい。
そうだった、ホテルってば、チェックインっていうシステムがあった。ホテルにあまり泊まったことのない私は(どういう宿泊してるんだか……)、すっかりそのことを忘れていた。
ということで、あと3時間もヒマを潰さねばならない。
「私、大変疲れておりまして、空いてる部屋がおありでしたら、休ませていただきたいのですが」と、謙り気味に聞いてみるが、インド系っぽいフロントの兄ちゃんは「NO!」。融通がきかないなあ。
こんなことなら、ギリギリまで前のホテルで休んでおけばよかった。1時間ほど、ホテルのロビーのソファで途方に暮れる。

同じくコールドプレイを観にいくという人がいたので、イギリスに住んでいたことがあるという彼の案内の下、カムデン・タウンって街に繰り出す。古着屋があったり、マーケットがあったりする街だ。しかし、何気に時間がなかったので、パブで昼食(ベーコンと卵とパン、みたいな)を早足で食べ、早速発売されていたグラスト特集のNMEや、ライブエイト仕様のホワイトバンドを買ったりし、ホテルに戻る。

ホテルに戻ったのはちょうどチェックイン時間の2時。でも、まだ掃除が終わってないらしく、部屋の鍵をもらえない。しっかりしてよ……。
やっと部屋に入り、急いで身支度をし、2時20分出発。

なぜそんなに急ぐのかというと、ヴィクトリア駅でまた別の友達と3時に待ち合わせしてたからなのだが、結局友達は現れず、閉まりかけの電車に駆け込み乗車し、先に行く(携帯とかないんで連絡とれないし、そういう約束だったからよ!)。前日は座れたが、この日は立ちっぱなし。あんまりライブ前に体力消耗したくないのにい。

この日のチケットは、チケット会社とのやりとりがうまくいかず、どうやらすでに発送してしまったらしく、手元に届いていなかったので、とても心配してたのだが、ボックス・オフィスの兄ちゃん3秒で私のチケットを見つけてくれた。あとでチェックしてみたら、旅行出発後に「現地受け取りにしておきますから」って書いてあるメールがきてた。なあんだ。

ふとボックス・オフィスの貼り紙を見ると、「この公演は録画されます」って書いてある! キャー!! 一気にテンションがあがる。
別に映りたいとかじゃないけど、自分が行った公演、あとですばらしい画質で見たいじゃないですか。
でも、何に使うんだろう。『Live 2003』のシドニー公演の時には、「DVDになります」って書いてあったんだけど。前日の一日目の公演はそんな貼り紙見なかったし。

開場は前日と同じく4時から。あと10分ほどあったので、ゲートで並ぶ。時間を少しオーバーし、ゲートが開いた。もちろん走る。が、「走るな」って10人ほどのセキュリティに注意されたので、早歩き+小走りくらいしかできず、最善を尽くしたが最前列は取れず、3列目くらいに落ち着く。

友達と交代でトイレや物販などに行く。
ひとりで待っている間、私たちの前にいる40~50代の夫婦と1列目の中学生っぽい少年との間に、これまた中学生っぽい女の子が2人入ってきた。私たちが入場してから1時間ほど経っている。
ちなみに、みんなまったり地面に座って待っているので、座らなければ、後から入ってきてもスペースを見つけることはできる。
しかし、その子たちが入ったのは、2列目で、そんな前にいきなり横入りするなんて、ルール違反! と軽くキレた私は、思わず「ちょっと!」と声を荒げて、呼び止める。

「あんたたち、この人たちの友達?」と1列目の少年を指して聞くが違うらしい。「それならさ、前に来ないでどっか行ってよ。みんな前に行きたいんだから、後から入ってこないで。私たち、あなたがくる随分前から待ってるのよ」と怒り口調で言ってみる。
しかし、その子たちは、私の言わんとすることはわかるが、「意味がわからない」らしい。前のほうでもスペースがあるならいいでしょ? という考え方のようだ。

まあ、実際そうなんだけど、こういうのがちょっと私は許せない。後ろの混んでないところなら話は別だけど、ここは2列目。前に行きたいなら、早く来るとか、人が立ってから人波をかき分けるとか、それなりの努力をして欲しい。……と思うのは、日本人だからでしょうね。
もうこれ以上話しても埒があかないとあきらめる。彼女たちもばつが悪いのか、ちょっとだけ遠慮気味に、夫婦の隣に立っていた。多分、周りの人も「このJAP何言ってんだ?」って思ってたに違いない。

そんなこんなしているうちに、前日に引き続きモーニング・ランナー登場。しかし、前日も4時間しか寝ておらず、相当疲れが溜まっているので、うっかり立ち寝。演奏は相変わらず、可もなく、不可もない感じでちょっと退屈。

次はインターポール。しかし、待ち時間から雨が降りはじめ、インターポールの演奏中もスコールのような雨が降ったりやんだりを繰り返し、お客さんも雨に気を奪われているという感じで、楽しみにしていたのだがあんまり集中できなかった。演奏は普通によかったが、もうちょっとパフォーマンスが欲しかったかも。あまりにも淡々としていた。

インターポールからコールドプレイの待ち時間の長いこと。雨にも打たれて、気持ち的にも疲れてきた。それでも、やっぱり彼らがステージに立ったら、疲れのことなど忘れて、歌って踊った。何度聞いても、「Square One」のオープニングはよい。一気に宇宙のどこかに放り出されるような感覚だ。

コールドプレイって、「メロディラインがきれい。でも内省的で、ライブってほんとに盛り上がるのかしら?」と最初は私も不安だったのだが、それはそれは盛り上がる。そう、この国の人たちは「歌いたがり」なので、歌詞も覚えやすく歌いやすいコールドプレイのようなバンドは特に好かれるようだ。あと、オアシスだってそうだし。
聴き入る歌かなって感じの「In My Place」が、何気に1・2位を争う盛り上がりっぷりをみせたことに、最初びっくりした。

というか、コールドプレイの客の盛り上げ方がうまいんだと思う。クリスのテンションが上がっていくのが毎回伝わってくる。他の客も恐らくそれを感じ、いつのまにかとりこになってしまい、クリスにコントロールされるのを待っている。
また選曲が、「歌わせる曲」と「聴かせる曲」「躍らせる曲」をみごとにうまい具合に融合させており、「ちょっと見るだけ」で立ち寄ったら最後、もうコールドプレイ・ワールドから離れることはできない。
クリス・マーティンというカリスマ・フロントマンを擁しているのもコールドプレイの人気のひとつだが、それ以上に惹きつける何かをこのバンドは持っている。
一緒に行った他の2人も、コールドプレイは初めてだったらしいが、ものすごく感激していた。私もライブを見たのがハマるきっかけだったし。

今回の「Politik」の歌詞は、「雨の中待っていてくれるファンに感謝」みたいなことを言っていたと思う。
中盤、「Everything's Not Lost」の最初でつまづいて、思わず「F***」と言う言葉を使い、「お父さんから、F***なんて使うなって言われてるんだけど、この場にいなくてよかった」みたいなことをいって(多分……)、「これ、録画してるんだから、F***なんて言わないでね」っていいながら(恐らく……)、次の歌詞で「F***ing ナントカ」って歌詞を変えて歌ってたのには笑った。

あと、Talkも披露してくれた。これも、生で聴くとかなり美しかった。

SET LIST
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-28 00:00 | フェス/ライブ


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧