トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:音楽( 44 )
物欲
改めて、5月末から6月のアルバムリリース・ラッシュの注目商品をチェック。
5/25(水) OASIS 『Don't Believe the Truth』
 6/1(水) COLDPLAY 『X&Y』
 6/1(水) THE WHITE STRIPES 『Get Behind Me Satan』
6/15(水) FOO FIGTHERS 『In Your Honor』


ヒ~、コピーじゃなくてちゃんとCDが欲しい善良な市民の私の旅行前に、この仕打ちはないでしょ。週1ペース。
助けてください。確かオリコンの集計の関係で水曜が多いってのは聞いたことあるけど。
ていうか、コールドプレイも、ホワイト・ストライプスも、グラストでトリやんのに、こんな直前に……。
しかも、どうにかしてください。『X&Y』は

CCCD

がくぅ~ん、東芝EMIさん……。
こうなったら、カイリーのベスト(やはり東芝EMI、やはりCCCD)も買っちゃおうかしら。
発売時にCD屋にいったものの、このCCCDという単語を見るや否や、さっさと元の位置に戻してしまったよ。ごめんね、カイリー。

あと、
  • iPOD
    (私VAIOだからSONYのHDD搭載ウォークマンでもいいんだけどさ。CD何枚も持ち歩くのは怖いので)
  • デジカム
    (いや、持ってるんだけど、6年前に買ったの……。
    きれいに画像を残したい。しかも願わくば動画もOK)

があったら、きっと楽しい英国旅行になるのになー。
あああ、ダメダメ、こんなオプションにまでお金を使ってはいけません。
ほら、盗難にあったらショックだし。

でも、☆ヰよ~。どうしよう……。
[PR]
by bondi2026 | 2005-04-18 20:49 | 音楽
MTV Australia Video Music Award
MTV Australia Video Music Awardを観た。
今年からの開催らしい。
あー、もっと前からやってたら、絶対行ってたよ、私。

場所は、ハーバー・ブリッジ袂のすぐ近く、Luna Park。
しょぼい遊園地で、近隣の住民からの苦情で(だってほら、ハーバー・ブリッジとハーバー・ビューだから、まわりはハワード首相も住む高級住宅地)何度も閉園したり、再開したりを繰り返しているとこ。
私は遊園地は好きな人間ではないので、行ったことはないんだけど、ハーバー・ブリッジが通勤ルートだったから、いつも横目に見てた。
懐かしい。

授賞式にも、懐かしい顔ぶれの連続。
Guy SebastianとShannon Noll(American Idolのオーストラリア版、Australian Idolの優勝者と準優勝者)、Delta Goodrem(オーストラリアの長寿ドラマ、『Neighbours』出身の超人気歌手)、Natalie Imbruglia(歌手、女優。『Johnny English』のヒロイン。こちらも『Neighbours』出身。ちなみにカイリーも出身者)Greenspoon(オーストラリアのバンド)とか、Amiel(メルボルン出身の歌手)、そしてIan Thorpe(説明不要)。もうあとはメンドクサイので省略。みなさんがんばっているようで、うれしいよ。

……と、今挙げてみてふと気づいたのだが、ナタリー以外生で観たことある私って一体…

だから、ミーハーじゃないんですってば。

受賞式の他に、Road to Sydneyという、MTV Japan編集の30分特別番組があったのだが、これがシドニー紹介番組で面白かった。

VJのRuriが、Alex Lloyd(えっと、確か上半身裸の日本人男性がひたすら走っていくPVを歌っている歌手っていったら在シドニー人にはわかりやすいかしら?)の家にお邪魔し(ちなみに、めっちゃNewtownのどっかのストリートの108番だったからw)、Oxford Street行ってたかな? でGlebe Market(毎週土曜日に行われるフリマ)、あとハーバー・ブリッジを歩き(橋のアーチを登るブリッジ・クライムではなく歩くだけ。ちなみにブリッジ・クライム、桂三枝も、モーニング娘。もマット・デイモンもやってた)、ちょうどマルディ・グラの日だったみたいで、その映像をちらっと、ってかんじだった。

で、あの、あの、ボ、ボンダイ・ビーチ…… あれ?

終わりかよ!

あ、付けたし。
司会はオズボーンファミリー、パフォーマンスはGreen Dayとかやってました。
ていうか、ケリー・オズボーンの顔は検閲OKなんですか?
[PR]
by bondi2026 | 2005-04-05 05:15 | 音楽
検証
友達が、ビリー・ジョー・アームストロングと山崎邦正が似てるっていうのよね。
なので、ちょっと検証してみる。

c0042728_23423096.jpg

↑普通の山崎邦正。

c0042728_23312766.jpg

↑ビリー・ジョー・アームストロング。

c0042728_23373994.jpg

↑ノーコメント。
[PR]
by bondi2026 | 2005-03-24 23:44 | 音楽
空港にて
ていうか、朝Green DayツアーTシャツ見てて気づいたのだが、次の公演は札幌で22日。
ってことはよ、ってことはよ、もしかしてもしかして、
今日羽田から飛ぶんですか?

方向は違いますが、私もそうなんですけど……。
ちょこっとだけ期待。
でも何か北海道ってANAのイメージ強いし、ANAだとターミナル違うし、移動明日かもしれないし、今日だったとしても東京で遊んで遅便だろうし、とっても不透明なので、あきらめる。

早めに羽田に着。いや、この前羽田から帰るとき、余裕こいてお土産物色してたら放送で名前2回(確認分だけで)呼ばれたんで(恥)。今回はね、もうそんなことないですよ。立派な大人ですから。

まったりと時間を潰してたら、ガイジンさんたちがちらほら。私がいたのはJALのカウンター前。私の愛便、スカイマークのカウンター隣は、JALの北行きのカウンターだった。っていったって、スタッフかわからないし、第一札幌に行くかもわからないし。スタッフとしても、スタッフだけ先に発ってセッティングするかもしれないし。

しかし、次の瞬間、私のハートはそのガイジンさんのひとりが着ていたジャンパーの、あるイラストに鷲掴みにされる。それは……
そう、この3日間、私が着てるTシャツ(臭いよ……)のデザインと同じ、ハート型の手榴弾をぐにっと鷲掴みしたやつ。

ぎゃーーーー!!! これって、これって、やっぱりスタッフ?

いや、実は超×100ファンでわざわざ日本まで追いかけてきた人たちかもしれない。
本当に偶然、秋田に帰るガイジンさんが着ているだけかもしれない。
期待は禁物。
とりあえず、念のために油性ペンを買いに(爆)。

頃合いを見て手荷物チェックを受け入場。やっぱりあのガイジンさんたちは札幌行きの搭乗ゲートにわらわら集まっていらっしゃる。関係者93%確定。
札幌行きは私の搭乗ゲートとは反対方向。
ああ、私の搭乗ゲート知ってる。前回名前をコールされたところだ。
遠いのよ。あんなに遠いとは思わなかったのよ。格安航空機のゲートってのは、隅っこに追いやられるのよ。
私のフライトは14:15。彼らのは14:30。15分違い。搭乗ゲートまでの移動が5分として、14:05までスタンバることにする。

13:45。まだ来ない。痺れを切らして、そのガイジンさんに思い切ってGreen Dayのスタッフかたずねるとやはり答えは「Yes」!
そして、彼らもこの飛行機に乗るのか聞いてみたら、「Yes I think so」ですよ、お答えが。

どうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしよう

神が舞い降りた!!!

いやあ、本当に全然そんなこと考えてなかったんで、偶然にただびっくり。
とりあえず、たまたま持ってたCDのジャケットやチケットの半券、機内でのひまつぶしにと持っていたGreen Day表紙のIN ROCKなど、”サインしてくれたらこれ幸いグッズ”の所在を確認。

More
[PR]
by bondi2026 | 2005-03-21 00:00 | 音楽
American Idiot
ライブに向け予習。
GREEN DAY / AMERICAN IDIOT

Don't want to be an American idiot
Don't want a nation under the new mania
Can you hear the sound of hysteria?
The subliminal mind fuck America

Welcome to a new kind of tension
All across the alienation
Where everything isn't meant to be OK
Television dreams of tomorrow
We're not the ones meant to follow
For that's enough to argue

Maybe I'm the faggot America
I'm not a part of a redneck agenda
Now everybody, do the propaganda
And sing along at the age of paranoia

Don't wanna be an American idiot
One nation controlled by the mania
Information age of hysteria
Calling out to idiot America


この日本語訳

緑日 / アメリカ人の馬鹿

アメリカ人の馬鹿でありたくはありません
新しいマニアの下の国が欲しくはありません
あなたはヒステリーの音を聞くことができますか?
識閾下の心のファックアメリカ

新しい種類の緊張へようこそ
疎外の向こう側に、すべてが意味されないOKにしてください
明日のテレビの夢
私たちは続くことになっていたものではありません
それは、論争するために十分です

多分、私はホモアメリカです
私はいなかっぺ議題の一部ではありません
今、みんなはプロパガンダをします
そして、パラノイアの年令のときにずっと歌ってください

アメリカ人の馬鹿になりたくしないでください
マニアによって制御された1つの国
ヒステリーの情報化時代
馬鹿アメリカに大声で叫びます


さらに完璧に

록일 / 미국인의 바보

미국인의 바보 이고 싶지는 않습니다
새로운 매니아아래의 나라가 가지고 싶지는 않습니다
당신은 히스테리의 소리를 (들)물을 수가 있습니까?
식역하의 마음의 성교 미국

새로운 종류의 긴장에 어서요세요
소외의 저쪽 편으로, 모든 것이 의미되지 않는 OK로 해 주세요
내일의 텔레비젼의 꿈
우리는 계속되게 되어 있던 것이 아닙니다
그것은, 논쟁하기 위해서 충분합니다

아마, 나는 호모 미국입니다
나는 시골뜨기 의제의 일부가 아닙니다
지금, 모두는 선전을 합니다
그리고, 파라노이아의 연령 때에 쭉 노래해 주세요

미국인의 바보스럽게 되고 싶고 하지 말아 주세요
매니아에 의해 제어된 하나의 나라
히스테리의 정보화 시대
바보 미국에 큰 소리로 외칩니다


あれ、さっき覚えたの何だったっけ?

ロックである /アメリカ人の馬鹿

アメリカ人の馬鹿でありたくはないです
新しいマニアの下の国が持ちたくはないです
あなたはヒステリーの音を問うことができますか?
シックヨックハの心の性交アメリカ

新しい種類の緊張にオソヨです
疏外のむこうの方ですべてのものが意味されないOKにしてください
明日のテレビの夢
私たちは続くようになっていたことではないです
それは論争するために十分です

多分私はホモアメリカです
私はお上りさん議題の一部ではないです
今皆は宣伝をします
そしてパラノイアの年令の時にずっと歌ってください

アメリカ人の馬鹿になりたくしないでください
マニアによって制御された一つの国
ヒステリーの情報化時代
馬鹿アメリカに大きい音で叫びます


ええと、で、歌詞は

It is a lock / American's foolishness

It doesn't want to be foolish of the American
The country under a new mania doesn't want to have it
Can you ask the sound of hysteria?
Sexual intercourse United States of mind of Shiccyoccha

It is Osoyo to a new kind of tension
Please make it to OK from which everything is not meant in the other side of Haz
Dream of tomorrow's television
We were not to have continued
It is enough because it controverts it

Perhaps, I am the homo United States
I am not a part of the people fresh from the country agenda
Everyone advertises it now
And, please sing for a long time at the age of paranoia

Do not want to become be foolish by the American
One country controlled by mania
Information age of hysteria
It shouts to the foolish United States because of a large sound


ん? 何か違ってるような……?
[PR]
by bondi2026 | 2005-03-17 11:12 | 音楽
歌詞が……

今週末、私、東京に行きます。
ああ、正確には千葉です。

える・あい・ぶい・いー、ライブです。グリーン・デイの。
ていうか気づいたんですけど、私、

新しいアルバムの歌詞カードまだ見てない!

ダメじゃん。


一曲目の、
「どんうぉんとぅびーなめーりかんいでぃお」
ってとこしか知りませんよ、歌詞。
あとは、

「フンフンフン~♪」

でごまかしですよ。
大変大変。ちょっと勉強しないと!

いやあ、私、あんまり歌詞カードとか見ない人なのよ。汚したくないから。
車のCDチェンジャーの仕業で、CDにはかなりキズがついてるし、シドニーから帰国するとき、ケースにたくさんキズがついたからあんまり大切にする意味はないんだけどね。

歌詞が気になったらちょっと取り出してみるけど、何を歌ってんのかあんまり気にしてない。
(↑単なる英語の勉強不足っていうウワサも)
なんつーか、ボーカルはひとつの楽器だと捉えている人なので、歌詞の内容がどんなに陳腐なものでも、メッセージ性の強いものでも、あんまり気にしてない。邦楽でもそう。
そしてやっかいなことに、元来思い込みの強い人なので、歌詞も確認せず間違って思い込んでることも多い。カラオケいって
「ほえー、こんな意味の歌だったんだ」
って気づくことがよくある。
まあ、結婚式に失恋の歌を歌うとか、ありえない失敗を犯さない程度には気をつけるよ。

しかし、歌詞の内容を全く理解してないので(もともと歌詞の世界に浸るタイプではないし)、特に歌詞がいいって言われている歌を聴くときには、その歌のよさを認める人のおそらく80%くらいしか歌のよさを満喫できてないのねと思うと、ちょっと損した気分になる。
だからね、あんまり意味のない言葉をつないで作った歌詞のほうが好きだったりする。
韻を踏んでたりして、キャッチーだったりするのよね。

おそらく、私の脳の言語を理解する機能は故障してたのよ。不良品ですよ。製造元の母に問い合わせても、何もしてくれやしない。
だから、英語だけでなく日本語も苦手なのよね。
スワヒリ語なら得意なのに世界のスタンダード言語じゃなくて残念だわ。

だからねえ、間違っても、ギター片手に愛の歌を私に歌うようなことはしないで下さい。ましてや、そんなプロポーズ絶対やめてください。とりあえず指輪は受け取って質に流しますけど、本当にわかってないです。

もうちょっと、歌詞カードを広げる時間を作って、詩の世界にどっぷり浸かってみたいものだ。
[PR]
by bondi2026 | 2005-03-15 23:52 | 音楽
COLDPLAY& OASIS ALBUM情報!
やっと来た。
コールドプレイの新作アルバムの正式な発売日その2(おそらく今度こそ本当)。6月6日。
6月ですよ、6月。3月の予定だったのに。
がっくり。かなりがっくり。遅すぎ。

アルバムタイトル、『X&Y』。なんか嫌。これ。

染色体みたいじゃない?

先行シングル「Speed Of Sound」は、5月23日発売らしいけど、日本ではジャパン・オンリーEPとして5月11日に先行発売されるそうな。あああ楽しみ。
アルバム曲収録されるのかしら?

「締め切りを設定してなかったから急いでなかった」
らしいが、困るんですよ。そんなんじゃ。待ってるんですよ。急げよ!
でも、かな~り時間をかけて製作しているので、いいアルバムができている筈。期待しておこう。
だから、もう延期はしないでね。そして日本にもツアーまたはフェスで来て下さい。

オアシスの方は、『Don't Believe The Truth』5月30日に英発売。先行シングル「Lyla」が5月16日発売。日本は未定。
こちらも、66曲の中から厳選された曲が収録されているということなので、楽しみ。

だけど。

あんたたちも、遅い!遅いのよぉ……。

で、この2つの新作アルバムが、発売日が重なるんじゃないかっていう憶測が一時期流れて。
もしそうなったら私的にはどっちから聴けばいいのかわからないのでとても困るんだけど、一緒に発売されたらどっちが売れるのかしら?
オアシスはビッグだけど、もう落ち目だし。
ちょっとその対決、見たかった。1週違いじゃ、ちょっとわかんないね。

あとは、コールドプレイのがCCCDでないことを祈るのみ。
お願いしますよ、東芝EMI(株)さん! いつもCCCDなんだから。

COLDPLAY HP(UK)
OASIS HP(UK)
[PR]
by bondi2026 | 2005-03-12 07:04 | 音楽
今週末は、結局大阪にも別府にもいかず、家でまったり。
交通手段とかいろいろ考えると、すべて面倒くさくなってね。やっぱりおコタがいちばん。

週末は、本当によく寝た。

シザー・シスターズのライブによっぽど行きたかったのか、夢を見た。
公開リハーサルで、彼らを待っている夢だ。

……とりあえず、30目前の女が見る夢ではないなと思った。
[PR]
by bondi2026 | 2005-02-28 02:14 | 音楽
今日の音楽ネタ
今日の(昨日の)いいともに、なんとScissor Sistersがちょこっと出演していたらしい。

MステとかHEY!×3ならなんとなくわかるけど

いいともだよ?

私の知る限りでは、幅広い年齢層(奥様方はみの派なので除く)に支持されている、お昼の国民的番組ですよ?
白昼堂々出しちゃっていいんですか?
ジェイクはガーターベルトだったらしいけどいいんですか?
苦情の電話はなかったんですか?
タモリとの絡みはどうだったんですか?
タモリのゲイ説はどうなんですか?

ううっ、見たかった。増刊号に期待。

週末の来日ライブ、時間差フジロック貧乏の私は行けないっぽい。かなり orz
大阪のチケット、まだ100番台とからしく全然余ってるのに。
一方、東京のチケットは、ヤフオクで3万の値がついている。世の中どうなってんのよ?

ていうか、東京公演金曜からなのに、2日も早く来るなんて、

絶対絶対二丁目に直行だから。

もうひとつ音楽ネタ。
The Futureheadsが、BCCラジオでフジロック出演をほのめかしたらしい。
きましたよ。きちゃいましたよ。
まだ日本デビューしてないけど、アルバムよかったし超ウレシー! 

フジロック出演第一弾アーティスト、日曜日にラジオ(Inter-FM「RADIO UP NINE」)で発表らしい。
果たして、どんなメンツが来るのかしら。今から楽しみ。
[PR]
by bondi2026 | 2005-02-24 02:19 | 音楽
CD : QUEEN / GREATEST HITS
c0042728_23472159.jpggigabeatのCMで流れているQueenの「Bicycle Race」の独特のハイトーン・ボイスのメロディと、その「ば~いしこ ば~いしこ」に合わせてリズムをとる超かわいいパンダさんがとても気になったので、CDをひっぱり出してQueenを聴いてみた。
最近、『Jewels II』が発売されたばかりで、今月のロキノンもQueen特集だったし、これを機に聴いておこうかなと。

ていうか、すみません。
私、このCD(Greatest Hits)初めて聴きますです。
輸入版のため、いつ、どこで買ったのか不明。確か安くなってたので買ったはずだけど。
あー、いかんいかん。CDラックの肥やしになるところだった。

実は、キムタクのドラマ効果でQueenがブームになってたらしいから、なんとなく敬遠しちゃってた。

ロキノンで知ったんだけど、彼らって結構オツムよい子ちゃんたちだったのね。
フレディはアートスクール卒で、ジョンは電気工学を主席卒、ロジャーは歯学科中退。
ブライアンなんて、天文学の博士ですよ。スゲー。
父ちゃんと一緒にギターを作ったらしい。頭のいい人は何を考えているかワカリマセン。

別に音楽やってなくても、彼らはそれなりにいい生活してただろうに。
それだけ、音楽にかけるアツい思いがあったのだろう。
そして、みんなに愛される、こんなにすばらしい曲たちを残してくれたわけだから、その選択に感謝しないとね。

このアルバムには、「Bohemian Rhapsody」、「We Will Rock You」、「We Are The Champions」などの定番曲も入ってるし、Queen初心者の私にはかなりお得感。さすがベストだけあって、聴いたことある曲がちらほらあるし。
十数枚アルバムを出しているので、隠れた名曲がたくさんあるんだろうし、これでQueenを語ってたらファンにボコボコにされるんだろうけど。

「Don't Stop Me Now」が私的にはきちゃったよって感じ。
この圧倒されるようなコーラスワーク、最高じゃないですか。スタッカート利きまくりで。
しょっぱなの「はびなぐったいむ はびなぐったいむ」からまずぶっとび、疾走感あふれるこのテンポ。

どん・すと・みー・な~う♪

ああ、今かなりツボに入ってる。ヤバイ……。
朝の目覚めに聞きたい一曲。

Queenの曲って、ピアノでしっとりバラードかと思わせて、いきなりグゥアーンってボルテージが上がって、転調、転調また転調。テンポは不定期に変則するし、予測のできないスリリングな展開。いいね、こういうの。好き好き。
もっと早く、フレディがまだ存命中に出会いたかった。
ライブのパフォーマンスも、すごかったんだろうな。

しかし、フレディ・マーキュリーって、めちゃ声高いね。

曲目リスト
[PR]
by bondi2026 | 2005-02-23 00:03 | 音楽


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧