トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
レイ
c0042728_4454183.jpgジョージア州の貧しい家庭に生まれたレイ・チャールズ・ロビンソン。彼は、病弱ながらもけなげな母アレサによって弟と仲良く育てられた。だがある日、弟が溺死してしまう。そしてレイも7歳の時、視力を失った。以来、“音”に光明を見いだしていくレイ。1948年、17歳になった彼は、バスでシアトルへ旅立った。そこで間もなくピアノの才能を認められたレイはバンドのツアーに参加し、盲目の天才と呼ばれるようになる一方で麻薬に溺れ始める。それでも52年にはレコード契約を結び、やがてゴスペル・シンガーのデラ・ビーと運命の出会いを果たすレイだったが…。

--------------------------------------------------------------

アカデミー賞の前に、ノミネート作品を何かひとつくらい観ておこうというミーハー心で、先日のグラミー賞8冠の快挙を成し遂げたばかりの故・レイ・チャールズの伝記映画、『Ray』を観にいった。

この映画は、早い話がレイ・チャールズの天才っぷりを描いたサクセス・ストーリー。1950年代、レイがシアトルで仕事(ピアノ奏者)をはじめようと長距離バスに乗るところから始まって、彼のトラウマとなっている過去の出来事をフラッシュバックで時折見せながら物語りは進行していくのだが、この過去のシーンのキーパーソンがレイのお母さん。「決して他人から施しを受けることのないように」といつもレイに言い聞かせる凛とした人で、盲目になってしまった彼がその後も自立できるように、盲学校に通わせて道をつけてあげる。このお母さん役の女優さん、アトランタの舞台女優で映画は初出演らしいけど、かなりインパクトのある演技をしていた。

あとは、レイが成功していく過程、ビジネスにシビアなところ、ドラッグに溺れていく様や、女性関係や、ヒット曲誕生裏話みたいな彼のエピソードがところどころ描かれていてたんだけど、なにぶん勉強不足だったので、実話と演出の境目がわからない。けど、知らない分単純にひとつの物語として楽しめたと思う。ただ、ヒット曲が途中数々流れてくるが、1曲しか知らなかったのでそれが残念。知ってたら数倍楽しめたはずなのに。

もちろんレイ・チャールズのことは知っていたけど、詳しくは知らなかったのよね。サザン・オールスターズの「いとしのエリー」をカバーしたこととか、和田アキ子と親交があったこととかくらいで、音楽に関することってあんまり知らなかった。しかし、ゴスペルをR&Bを融合したり、即興で曲を作ったり、喧嘩中に怒りをそのまま曲にしちゃうところとか、突然カントリーにアレンジしちゃって弾きだしちゃうところとか、やっぱり天才だったのね。

で、ジェイミー・フォックスの演技がうまい。迫真の演技。あのクネクネしたような動きとか、ちょっと舌足らずっぽい話し方は、レイ独特のものなんだよね? 『コラテラル』ではそんなことしてなかったし。肝心の音楽の面でも、彼は音楽を専攻で大学に行ったということなので、適役だったと思われ。アカデミー賞の前哨戦、ゴールデングローブ賞で主演男優賞も受賞してるし、アカデミー賞の主演男優賞も彼なのかしら。

音楽映画なので、劇場で観て正解だった。

ついでに、ブリジット2の前売りも買っちゃった。楽しみY



[レイ / RAY]
CINEMA・初

監督: テイラー・ハックフォード Taylor Hackford
製作: ハワード・ボールドウィン Howard Baldwin
    カレン・エリス・ボールドウィン Karen Elise Baldwin
    スチュアート・ベンジャミン Stuart Benjamin
    テイラー・ハックフォード Taylor Hackford
製作総指揮: ウィリアム・J・イマーマン William J. Immerman
    ジェイム・ラッカー・キング Jaime Rucker King
原案: テイラー・ハックフォード Taylor Hackford
    ジェームズ・L・ホワイト James L. White
脚本: ジェームズ・L・ホワイト James L. White
撮影: パヴェル・エデルマン Pawel Edelman
編集: ポール・ハーシュ Paul Hirsch
音楽: レイ・チャールズ Ray Charles
    クレイグ・アームストロング Craig Armstrong
 
出演: ジェイミー・フォックス Jamie Foxx レイ・チャールズ
    ケリー・ワシントン Kerry Washington デラ・ビー・ロビンソン
    クリフトン・パウエル Clifton Powell ジェフ・ブラウン
    ハリー・レニックス Harry Lennix ジョー・アダムス
    リチャード・シフ Richard Schiff ジェリー・ウェクスラー
    アーンジャニュー・エリス Aunjanue Ellis メアリー・アン・フィッシャー
    シャロン・ウォーレン Sharon Warren アレサ・ロビンソン
    カーティス・アームストロング Curtis Armstrong アーメット・アーティガン
    レジーナ・キング Regina King マージー・ヘンドリックス
    テレンス・ダッション・ハワード Terrence Dashon Howard
    ラレンズ・テイト Larenz Tate
    ボキーム・ウッドバイン Bokeem Woodbine

04年アメリカ / 152min / UIP
05/01/29 公開
ドラマ / 音楽 / 伝記

公式HP(日)HP
公式HP(米)HP


[PR]
by bondi2026 | 2005-02-20 00:00 | 映画
<< 誰? ちょっと頭にきたこと >>


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧