トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
EPISODE 8 : LIVE 8チケットを求めて
この日は、予定がなく、何もしない日だった。
この日に何するかいろいろと考えてたんだけど。

候補1. Wireless Festival
候補2. ウィンブルドンでテニス観戦
候補3. ミュージカルの本場でマチネ
候補4. ロンドン市内観光ツアーに参加
候補5. 大英博物館やらバッキンガム宮殿やらを見学してイギリスを感じる
候補6. スターウォーズを日本公開より先に見る
候補7. カジノ、パブ、クラブに行ってみる

さすがイギリス、結構たくさんやりたいことあった……。結局、それらはひとつもできなかったんだけど。



まず、気になっていることを、片付けてしまおうと思っていた。出発してから一週間、一度もメールチェックしていない!
ネット依存症気味の私には、すごいこと。PC殿とはこれくらい距離を置いたお付き合いをしていったほうがいいのかしらとも思ったりするけど。

ホテルは連泊。やっとゆっくり寝れる! と思い、爆睡したらうっかり朝食を食べそびれてしまった。
まったりと準備し、12時ごろホテルを出る。早速、駅近くのネットカフェに。料金は30分50ポンド(約100円)。まあ良心的な価格。
早速メールチェックをし、気になるライブエイト情報を調べる。
すると、「29日の3時から、ロンドン市内4ヶ所で、コンサートが行われるハイドパークに設置される大型スクリーン観覧チケット5万5千枚無料配布」って書いてあるじゃない!
これは!!! 
この際、観れなくったって、私のこの貴重な週末が、私のこの貴重な旅の最後の日が、私のこの貴重な誕生日が、ムダにならなければいいのよ。どうせ、ホンモノ観れたって、米どころかアリだろうし。
おっと、3時からって、あああもうすぐですよ。急げ!!
場所をメモって、移動移動。

とりあえず、この2日間通ったヴィクトリア駅のアポロシアターに並ぶことにする。ちょうど2時だった。
まだ1時間前なのに、もう列はその建物の周りをちょうど半周したところだった。私の後ろもどんどん人が増えていく。
チケット、もらえるかなあ。ちょっと不安。
テレビカメラも取材に来てた。通りかかる人々は「何事?」という感じで、ものめずらしそうに私たちを見てた。


3時をまわって、やっと動き出した。アポロシアターの入り口にたどり着いたのは、多分3時半過ぎ。ライブエイドの若かりしボノの歌う姿のビデオが流れる中、緑色のチケットが見える位置まで来た。
ついに私の番。事務的に、点線入りの帳簿?から2枚(ペアなので)ベリベリっとはがして、私にくれた。

おおー! ゲットしたよおおおお!

この喜びを最初に誰に伝えようかと考えてみるが、携帯もないし、面倒くさくなったのでやめる。

テンションがあがったところで、時計をみるともう4時。私って、イギリスでは毎日「列に並ぶこと」に振り回されているなあ。
とりあえず、ちょっと欲しいものがあったので、店があるらしいコヴェント・ガーデンに行ってみることにする。
欲しいものってのは、靴なんだけど、この時期どこもセールだったので、セール価格で購入することができた。荷物になったけどね。
有名なブランド店が、いくつか店を構えていた。その中に偶然、無印良品を発見! 早速入ってみる。価格は、単純に100円=1ポンド(約200円)に換算されて売られていた。もちろん日本で安く買えるので買わない。

それから、前日に行ってはみたけどほぼ素通りした、カムデン・タウンに行ってみる。
さらに、その手前にあるユーストンって駅からどうやらマンチェスター行きの電車が出ているらしいので、その下見と、さらにその手前にあるキングス・クロス駅(1週間後にテロの爆破がある駅なんだけど)に、ハリー・ポッターの9と3/4番線ホームを見に行くことにする。
ハリポタ。私は最初のやつしか観てないけど、会社の人や周りの人には面倒くさいので今回の旅行の詳細(ライブ三昧の旅行だってこと)は言ってないため、ちょっとは観光らしいことをしておきたいなーと。

まずカムデン・タウン。マーケットについたのは6時。もう閉まりかけてる。やってない……。
次ユーストン。思ったより大きい駅で、私が利用するヴァージン・トレインの乗り場は奥にあることを確認。時刻表をもらって帰る。

キングス・クロス。着いたはいいが、そのプラットフォームの場所がわからないので、ホットドッグ屋の主人に聞いてみようとするが、正確にホームの番線を思い出せなかったためモジモジしてたら、「ハリー・ポッターか?」と言ってきた。よく聞かれるんだろうなあ(笑)。
その彼の言うとおりに進むと、あったあった! 壁にカートがささってる。
早速写真を撮ってもらおうとしたのだが、みなさん、フツーに駅を利用されている方ばかり。帰宅にお忙しそうで、なかなか声がかけられなかった。

一時的なホームタウン、ベイズウォーターに戻ったのは9時。おなかが空いている。
ひとりでレストランって、滅多に行かないじゃないですか。だからホテルでおとなしくテイクアウェイ物を食べるか迷ったけど、これまで毎日、昼も夜もハンバーガー、ホットドッグ、バゲット、サンドウィッチのいづれかで、いい加減まともなものが食べたかったので、大好きなイタリアンを食べに行くことに。っていってもパスタだけど。

パスタでも、スパゲッティが食べたかったので、早速、この旅初めてのアルコールになるワインと、おつまみにオリーブと一緒にエビのトマトソーススパゲティを注文。
味は普通。パスタってあんまり間違いがないし。
ただ、確かに「Red wine」を頼んだのに(しかもメニュー指して)、白ワインだったのが残念。忙しそうだったしクレームするのが面倒だったから、もうそれを飲んだけど。

隣のテーブルに、40台くらいの男性がいる。彼もひとり。
ここで、オーストラリアだったら、78%くらいの確率で、女ひとりで来ている私に声をかけてくるものなのだが、この英国紳士(か知らんが)は、全く私に興味を示さないようだった。
いや、私も目そらしてたし、話しかけられても困るからホントにいいんだけど、イギリス人は冷たいので、オーストラリア人の人懐っこさがちょっとなつかしくなった。

ホテルに帰ったのは11時。出発は遅かったし、たいしたことはできなかったけど、それなりに収穫のあった日だった。
[PR]
by bondi2026 | 2005-06-29 00:00 | フェス/ライブ
<< 1日のアルバム アルバム コールドプレイライブ編 >>


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧