トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オージーの接客
昨日、グラストンベリーのチケット・オーダーでUKに電話した時、ちょっと気になることがあった。
って、日本じゃ超当たり前なんだけど、私が電話を切るまで相手は切らないの。チケット屋で、あちこちから電話かかってきて超忙しいだろうに。

電波が悪かったから、相手の間に頼ってるところがあって、チケットがなさそうな口ぶりと間だったらあきらめようと思ったんだけど、チケットないって言ってるのになかなか切らないから、一回目の電話を切った後、「今の最後の微妙な間はもしかして、『何枚欲しいのよ?』っていう間だったのか?」とちょっとだけいらぬ期待をしてしまい、念のために再度電話してみたってわけ。2回目の電話で繋がった兄ちゃんも「ない」って言ってんのになかなか切ろうとしなかったし。
うーん、イギリスでは、接客ってのは、きちんと教育されてるのかしらね。

オーストラリアなんて、ホントありえない。
ちょっと何か聞いたら「私担当じゃないからわからないわ。じゃあね」って

じゃあ担当に電話回せよ!

て怒りに震えることがしょっちゅう。
最初の頃、何にびっくりしたって、銀行の窓口のねーちゃん、ガムをくちゃくちゃ噛みながら応対してるのよ。

顎関節症になってしまえ!   と叫ぶ私ったらガム噛みすぎの顎関節症で医者通ってますから

ガムならまだかわいいもので、ランチか知らんがサンドウィッチ食べながらとか、喉渇いているのか知らんがジュース飲みながらとか、ホントありえないから。

バスの遅刻は当たり前。
30分に1本のバスがなぜか同時に来るとか、ありえないから。
日本だったら、口やかましいオバサマ方から厳しくバス会社に文句の電話のひとつやふたついっていると思うのだが、オーストラリアでは、誰も何の文句も言わない。
「ノー ウォーリーズ マイト」って

こっちはウォーリーしてんだよ!

恐るべし、超ヌルヌル大国、オーストラリア。
都市部でそんなんだから、地方にいったらさぞかしすごいんだろうな。
[PR]
by bondi2026 | 2005-04-05 04:17 | フェス/ライブ
<< MTV Australia V... もしもの時の代替案 >>


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧