トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
マトリックス
c0042728_2325875.jpgニューヨークの会社でしがないコンピュータプログラマーとして働くトマス・アンダーソンには、裏世界の凄腕ハッカー“ネオ”というもうひとつの顔があった。ある日、“ネオ”はディスプレイに現れた不思議なメッセージに導かれるまま、謎の美女トリニティと出会う。そして彼女の手引きによってある人物と接見する事になった。その人物とは、電脳世界ではもはや伝説と化しているモーフィアスという男。モーフィアスは“ネオ”に告げる。この世界は現実ではない、と……。

--------------------------------------------------------------

キター!今日の映画は『マトリックス』。
うれしくて、ついつい、友達数人にメールしちゃった。

何がうれしいって、これってシドニーで撮影されてるんですよ。
たとえばこんなシーン
てなふうに、ところどころにシドニーを垣間見ることができる。

まあ、それは置いといて。

やっぱり、マトリックス3部作の中でも、これが一番面白い。
なにげに5回は観てるんだけど、奥が深くて、いつも新しい発見がある。
それでも、まだわからない点がいっぱい。
もう、何がわからないのかわからないくらいわからないよ。
私って、相当頭弱い orz

えーと、今回の発見は、最初に「白ウサギについていけ」と謎のメッセージに従ってネオが白ウサギのタトゥーした若者たちについていくと、そこにトリニティという女性がいて、初対面なのに「彼らが監視してる」だのなんだの、理解不能な小難しい戯言をぬかすんだけど、この白ウサギってのが、不思議の国アリスになぞらえているんだなーってこと。
途中で、モーフィアスが「不思議の国に迷いこんだ感想は?」みたいなこといってたような。
最初にトリニティと接触した時点で、不思議の国に迷い込んでしまったという設定と思われ。
あ、そんなこととっくに初見で気づいてた? 
だって、日本語で観たの、最初に日本の映画館で見た時以来、2回目ですから。と言い訳。
それでも理解しろよ、私、っていう話だけど。

『マトリックス・レボルーションズ』公開の時、世界の公開時間を定めたゼロ・アワーはシドニーでは夜中1時だったんだけど、がんばって観ましたよ

19時から夜中3時まで、全3部作

やってたの、映画館で、マトリックス・マラソン。
私ははりきって全作鑑賞したんだけど、『マトリックス・リローデッド』の時、超眠くなって、寝てしまったヨ。他の友達は『マトリックス・リローデッド』から参加。賢かった。
ということで、せっかく通しで観たのに、やっぱりイマイチ話がわからなかった。
それは、話が複雑すぎて私の頭が考えることができる容量を超えているからなのか、はたまた私の英語力不足なのかはわからないし、悲しくなるのでどっちかなんて考えたくないけど。
これはね、3部作DVDでじっくり観なきゃダメだね。

話が理解できなくても、映像で楽しめるからいいんです。
何ていっても、有名な弾丸をよけるシーンとかCG技術がすごい。
アクションもステキ。バーチャルの格闘シーンとか、最後にマトリックスを解読したネオがエージェント・スミスと格闘するところとか、面白いじゃないか。
あとは、先にも触れた、シドニーのひとコマとか。
特に、バーチャルの人ごみの中で赤い服を着た女の人に目を奪われるシーン(めちゃめちゃマーティン・プレイス)、最後にビルの間からチラリと見えるハーバー・ブリッジが観れれば、私は満足なんです。

ちなみに撮影中、キアヌはかなり普通にシドニーの街をうろついていたようで、友達も買い物袋を持っている姿を見たといってました(笑)。
特に、私の庭、ボンダイ・ビーチはお気に入りと聞いていたので、いつ会うかと毎日ドキドキしてたのに、結局ドキドキ損だった。
ここにキアヌのお気に入りスポットが書いてあります。

って、

全部高級レストランですから!

いったことねーよ(涙)



[マトリックス / MATRIX]
TV・5+

監督: アンディ・ウォシャウスキー Andy Wachowski
    ラリー・ウォシャウスキー Larry Wachowski
製作: ジョエル・シルヴァー Joel Silver
共同製作: ダン・クラッチオロ Dan Cracchiolo
製作総指揮: バリー・M・オズボーン Barrie M. Osborne
    アンドリュー・メイソン Andrew Mason
    アンディ・ウォシャウスキー Andy Wachowski
    ラリー・ウォシャウスキー Larry Wachowski
    アーウィン・ストフ Erwin Stoff
    ブルース・バーマン Bruce Berman
脚本: アンディ・ウォシャウスキー Andy Wachowski
    ラリー・ウォシャウスキー Larry Wachowski
撮影: ビル・ポープ Bill Pope
特撮監修: ジョン・ゲイター John Gaeta
美術: オーウェン・パターソン Owen Paterson
衣裳: キム・バレット Kym Barrett
編集: ザック・ステーンバーグ Zach Staenberg
カンフーコレオグラファー: ユエン・ウーピン Yuen-Woo-ping
音楽: ドン・デイヴィス Don Davis
 
出演: キアヌ・リーヴス Keanu Reeves ネオ/トーマス・アンダーソン
    ローレンス・フィッシュバーン Laurence Fishburne モーフィアス
    キャリー=アン・モス Carrie-Anne Moss トリニティ
    ヒューゴ・ウィーヴィング Hugo Weaving エージェント・スミス
    グロリア・フォスター Gloria Foster 予言者(オラクル)
    ジョー・パントリアーノ Joe Pantoliano サイファー
    マーカス・チョン Marcus Chong タンク
    ジュリアン・アラハンガ Julian Arahanga アポー
    マット・ドーラン Matt Doran マウス
    ベリンダ・マクローリー Belinda McClory スウィッチ
    レイ・パーカー Ray Parker ドーザー
    ポール・ゴダード Paul Goddard エージェント・ブラウン
    ロバート・テイラー Robert Taylor エージェント・ジョーンズ

99年アメリカ / 136min / ワーナー
99/09 公開
SF / アクション / サスペンス

1999年アカデミー賞 視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞受賞

公式HP(米)

[PR]
by bondi2026 | 2005-04-02 00:00 | 映画
<< グラストチケット…… センバツ高校野球 >>


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧