トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
GREEN DAY @ MAKUHARI MESSE
かなり楽しかった。Green Dayライブ。

ちなみに、ライブまでの道のり

9/23  『American Idiot』発売。

10/2  『American Idiot』購入。車のチェンジャーに突っ込む。でも、10枚入りだし移動距離が短い
     のであんまり聴けず。

10/28 来日ライブ日程決定。
     会社を休みたくないので、週末にある幕張メッセの公演に行くことにする。
     航空券を確認するが、まだ発売されてない模様。

12/11 チケット発売。
     朝10時きっかりにぴあにネットで申し込んだのに、Aブロックだけど1700番台。ありえない。
     航空券を確認するが、まだ発売されてない模様。

2月中旬 航空券を確認すると、すでにスカイマークの鹿児島→羽田の朝イチ便は売り切れ。
     これでないとライブに間に合わない。どうしようと思いつつ考えるの面倒くさいので保留。
     お金もないのに勢いでライブに行くと言ってしまったことをちょっと後悔。

3/2   ライブが迫ってきたので、スカイマークにこだわる私は鹿児島からバスで福岡まで行き、福岡
     →羽田便に乗ることにする。その便の安売りチケット最後の一枚をゲット。
     バスの方は、予約しなきゃと思いつつ考えるの面倒くさいので保留。
     お金もないのに勢いでライブに行くと言ってしまったことを後悔。

3/15  歌詞を覚えてないことに今更気づき、あせる。
     バスは、予約しないとと思いつつ考えるの面倒くさいのでまたもや保留。
     お金もないのに勢いでライブに行くと言ってしまったことを大変後悔。

3/18  前日。やっとバスセンターに電話してみる。すると、予想もしてなかった

     「満席」

     という回答が。
     あ~れ~~ orz 
     ということで必殺新幹線(祝開業1周年)でひとっとびすることに。
     お金もないのに勢いでライブに行くと言ってしまったことを超・ウルトラ・スーパー・大後悔。

3/19  7:20頃家を出る。それから新幹線で博多へ。地下鉄で空港に。
     ちなみに、地震が起こったのが一日ずれてたら、私はまさにその時間に福岡にいたので
     (新幹線が到着する時間ジャスト)、ライブにいけなかったかも知れない。
     福岡空港から無事羽田入り。羽田からモノレールと電車2本乗り換えて海浜幕張まで移動。
     すでに移動で疲れた。ライブは大丈夫なのか? 私。パンクだぞ?



3:30  海浜幕張駅到着。友達が渋滞に巻き込まれたため待ちぼうけ。

4:00  友達の”メルセデス”で拾ってもらう。車を駐車し、駅周辺のアウトレット屋をウロウロ。
     ライブ前に荷物を増やしたくないので、何も買わず。

5:00  海浜幕張駅でまた別の友達と合流。腹ごしらえにうどんを食べる。

5:40  会場着。手荷物を一切持って入れない。ありえない……。
     透明のゴミ袋を500円で買って荷物を入れて入場しようとする。
     しかし、ギリギリで気が変わって物販でTシャツ買ってから入場することに。

6:00  物販の長い行列にはまってしまっている間に、前座のシュガーカルトが始まった模様。
     興味ないのでまあいいか。
     前には『American Idiot』のジャケと同じデザイン、バックプリントにライブ日程の書いてある
     Tシャツ(3500円)とバッヂ(1000円)を購入。

6:20  ついに入場。シュガーカルトはやっぱりどうでもよかったけど(ファンの人いたらゴメン)、Bブ
     ロック(Aブロックの後ろ)の前列は超盛り上がってた。
     ひとつのブロックがでかいので、Aブロックでもステージがちょっと遠かった。
     ビールを飲んでテンションを上げる。

6:50  シュガーカルト下がる。セットチェンジ開始。
     ジャケットと同じデザインの垂れ幕が下りてくる。
     端の柵に寄りかかる形で観戦することに。
     わかってます。おばちゃんは前線にいってはいけない。

7:20  ウサギとゴジラの気ぐるみを着た人がステージ上で暴れる。
     もしかして中に彼らが入ってるの?と思ったけど、そんなステキな演出ではなかった。
     「YMCA」が流れて、もちろん振りつきで踊らされる。

7:25  やっと出てきた! 3人とも衣装は黒で統一。
  • もうテンションは最高点に。ああああああはやく、「American Idiot」聴きたい!もう、マジで狂いそう……ってキター!!!!!! 
    「どんうぉんとぅびーなめーりかんいでぃお」
    って、この一曲でもう満足しました、私。ほんとにもう帰ってもいいって思っちゃった。いや、帰んないけど。
  • そこから、そのまま「Jesus Of Suburbia」から「St.Jimmy」までアルバムの曲順通りに演奏。9分にも及ぶ曲、「Jesus Of Suburbia」はどうなるんだろうと思ってたが、いくつかのインパクトのある短い曲をつなげたものなので、この一曲だけで緩急あって楽しい。また次のライブでもこれ1曲まるまるやって欲しい。「Holiday」の間奏のベースかっこよかった。
  • その後は、懐メロ集。10年の集大成を見せ付けるような演奏で、ヒット曲のオンパレード。盛り上がったのは言うまでもない。
  • コール&レスポンスも忘れちゃいない。とっても盛り上げ上手なビリー・ジョー・アームストロング。あとパイロ(火柱)やりすぎ。私小心者なので、ビビリまくりだよ。そして、ビリー・ジョー・アームストロングが時折見せる内股(写真参照。サマソニのだけど)。コレに完全にヤラレタ。こんなお茶目な33歳どこにいますか?
  • 何かの曲のときに、水鉄砲をかける(?)のにひとり手伝いとしてステージに上げられてた。小学生か中学生くらいの子でかわいかった。うらやましい。
  • 「Knowledge」んとこで、恒例になっている「ギターヒケルヤツゥ」「ベースヒケルヤツゥ」「ドラムヒケルヤツゥ」(しっかりカタコト日本語)で、3人のボランティアがステージに(私も一生懸命手をあげたのに……。いや、弾けないけど。実際指されたら困るけど)。何とそのギターを「You can keep it」って、超うらやましい。
  • その後は、最初の一音で反応!「Basket Case」。会場大盛り上がり。大合唱。無駄にジャンプしまくって、息切れ。おばちゃんにはつらい。
  • 「King For A Day」では、ビリー・ジョー・アームストロングは王冠をかぶって赤いマントをまとって登場。ちらっと半ケツ見せたり、パフォーマンスがかわいい。「King For A Day」から「Shout」にいって、そこからまた「King For A Day」に戻ってきた。そういえば、曲調似てるわ。
  • 「Waiting」、「Minority」でいったん引っ込む。「GREEN! DAY!」コールに応えてアンコール一発目は「Maria」。予想外でちょっとびっくりだけど、よかった。ウワサでは、これってあんまりライブでやらないらしいのでラッキー。
  • で、これまた待ってましたの「Boulevard Of Broken Dreams」(現在ビルボード2位!)。会場もしんみりと聞き入ってた。
  • 次の聴きなれないイントロの曲は何だと思ってたら、ご存知Queenの「We Are The Champions」だった。これも会場大合唱。そうね、今回のアルバム、「American Idiot」で再評価され、グラミーも受賞した今のあなたたちにはぴったりの曲かも。
  • どかーんとすごい紙ふぶきが舞った。この演出、演歌ですか? てか、この紙ふぶきに、ハート型の手榴弾がプリントされてたらしい。知らなかったよ、拾えばよかったorz。
  • 最後は、マイクもトレもいなくなって、花道の真ん中でビリー・ジョー・アームストロングがひとりで「Good Riddance (Time Of Your Life) 」を演奏。かなり感傷的な雰囲気になる。ああ、このライブも終わりなのね。楽しかったよ。最初は気が乗らなかったけどやっぱり来てよかったよ。ありがとう。

9:00  終演。預けたものをクロークから受け取るために、すごい列が並んでる。
     200番単位でまとめられてる荷物を探しているお兄さんは、なんとひとり。
     ひとりで引換券を受け取って、200個分の荷物の中から探し出して渡すというものす
     ごい手際の悪さ。
     隣にいたお兄ちゃんは相当キレてて、大声で文句を叫んでいた。コワ。
     この最後の待ち時間がなければ超楽しいライブで終わったのに。
     (って、もうその時の苦痛は忘れてるけど)

いやあ、本当に楽しかった。
それからさらに2日間、余韻に浸ってそのツアーT着てたアホな私です。
帰り道は、車のBGM(『American Idiot』)カラオケ大会で盛り上がる。さらにビリー・ジョー・アームストロングの真似をして盛り上がる。

ちなみに、21日の昼、羽田で彼らとニアミス
ここで会えてたら、もう私呼吸停止で死んでたかも。

c0042728_2355011.jpg

↑33歳のお茶目な内股。
ちなみに、衣装は二人ともこれでした。

GREEN DAY
05/03/19 MAKUHARI MESSE

01. American Idiot
02. Jesus Of Suburbia
03. Holiday
04. Are We The Waiting
05. St.Jimmy
06. Longview
07. Hitchin A Ride
08. Brain Stew
09. Jaded
10. Knowledge (Operation Ivy's Cover)
11. Basket Case
12. She
13. King For A Day ~ Shout (Isley Brothers' Cover)
14. Waiting
15. Minority
-------------------------------------------------------------
E1. Maria
E2. Boulevard Of Broken Dreams
E3. We Are The Champions (Queen's Cover)
E4. Good Riddance (Time Of Your Life)

[PR]
by bondi2026 | 2005-03-19 00:00 | フェス/ライブ
<< ブリジッド・ジョーンズの日記 ... ついにできた >>


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧