トップ

えっと、音楽と映画の話題を中心に徒然なるままに書き綴っちゃったりなんかします。よろしくです。
by bondi2026
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
歌詞が……

今週末、私、東京に行きます。
ああ、正確には千葉です。

える・あい・ぶい・いー、ライブです。グリーン・デイの。
ていうか気づいたんですけど、私、

新しいアルバムの歌詞カードまだ見てない!

ダメじゃん。


一曲目の、
「どんうぉんとぅびーなめーりかんいでぃお」
ってとこしか知りませんよ、歌詞。
あとは、

「フンフンフン~♪」

でごまかしですよ。
大変大変。ちょっと勉強しないと!

いやあ、私、あんまり歌詞カードとか見ない人なのよ。汚したくないから。
車のCDチェンジャーの仕業で、CDにはかなりキズがついてるし、シドニーから帰国するとき、ケースにたくさんキズがついたからあんまり大切にする意味はないんだけどね。

歌詞が気になったらちょっと取り出してみるけど、何を歌ってんのかあんまり気にしてない。
(↑単なる英語の勉強不足っていうウワサも)
なんつーか、ボーカルはひとつの楽器だと捉えている人なので、歌詞の内容がどんなに陳腐なものでも、メッセージ性の強いものでも、あんまり気にしてない。邦楽でもそう。
そしてやっかいなことに、元来思い込みの強い人なので、歌詞も確認せず間違って思い込んでることも多い。カラオケいって
「ほえー、こんな意味の歌だったんだ」
って気づくことがよくある。
まあ、結婚式に失恋の歌を歌うとか、ありえない失敗を犯さない程度には気をつけるよ。

しかし、歌詞の内容を全く理解してないので(もともと歌詞の世界に浸るタイプではないし)、特に歌詞がいいって言われている歌を聴くときには、その歌のよさを認める人のおそらく80%くらいしか歌のよさを満喫できてないのねと思うと、ちょっと損した気分になる。
だからね、あんまり意味のない言葉をつないで作った歌詞のほうが好きだったりする。
韻を踏んでたりして、キャッチーだったりするのよね。

おそらく、私の脳の言語を理解する機能は故障してたのよ。不良品ですよ。製造元の母に問い合わせても、何もしてくれやしない。
だから、英語だけでなく日本語も苦手なのよね。
スワヒリ語なら得意なのに世界のスタンダード言語じゃなくて残念だわ。

だからねえ、間違っても、ギター片手に愛の歌を私に歌うようなことはしないで下さい。ましてや、そんなプロポーズ絶対やめてください。とりあえず指輪は受け取って質に流しますけど、本当にわかってないです。

もうちょっと、歌詞カードを広げる時間を作って、詩の世界にどっぷり浸かってみたいものだ。
[PR]
by bondi2026 | 2005-03-15 23:52 | 音楽
<< 化学兄弟 シン・レッド・ライン >>


以前の記事
カテゴリ
リンク
北京ダック北京生活
→北京で新婚生活を始めた北京ダックさんのブログ。

エース観察日記帳
→私の職場の先輩、エースの観察日記。

ABC Cooking Studio
→私の通っている料理教室。

NME
→英国の有力音楽情報誌。

BBC
→イギリスの国営放送。コンテンツが豊富。

Fuji Rock Festival
→ご存知日本最大のロックフェス。06年は7/28~7/30。

Summer Sonic
→都会型ロックフェス。06年は8/12~8/13。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧